2ショットで接続できると良い事づくし

いつもパーティチャットでしか接続してないんです。

2ショに誘ってもお客さんはパーティのままで。

などという悩みを抱えているチャットレディは少なくありません。

また、お客様側としても、

目当ての女の子が2ショットでチャットしてくれない。

という悩みを持っているお客様もいると思います。
チャットのシステムは『パーティーチャット』『2ショットチャット』『双方向チャット』と主に3つのサービスで別れています。

2ショットや双方向は、パーティチャットよりも1分間のポイントの単価が2.5倍に上がります。簡単に言うと、1時間でお客様が使う料金が6,000円→15,000円とアップします。

お客様からすると、2ショットや双方向チャットで接続するのを少しためらう方もいたり、逆に、2ショットチャットをしたくて誘ってもチャットレディから断られるケースもあります。

つまり、ライブチャットの3つサービスでは、女の子の給与取得状況や、男性の料金消費とで双方の心理戦が日々行われているわけです。

チャットレディで稼ぐ為には沢山の手法がありますが、今回はこの2ショットチャットで安定して稼ぐということにスポットを当てて記事を書いてみたいと思います。

とにかく常連が大事→それには2ショット

2ショットチャットで接続することで報酬が上がるのはもちろんのこと、仲良くなって常連になる確率も上がり、一人の男性に独占されることで嫉妬心を煽り人気者と思ってもらえて他のお客様からもブランド価値の高い女性という印象を与えられます。

更に、パーティチャットとは異なり、1人の男性と落ち着いてお話ができ、特に相手が紳士的な男性だったりすることで精神的に非常に楽で簡単にかつ高時給で稼ぐことができます。

【例えば、1日に3人と1時間ずつ2ショットをした場合】

2ショット1時間4,500円×3人=13,500円

1日3人を相手にするだけでも1万円を超える

2ショットチャットは、時給単価が安定型(どんな内容のチャットでも最低4,500円が確実に稼げる)なので、たった3人と1時間ずつお話するだけでも1万円を超えてしまいます。

※双方向チャット(相手がカメラを出した場合)では2万円を超える報酬となります。

 

2ショットチャットで接続するのは難しい?

報酬が高いということは、男性の利用料金も高いということです。

つまり簡単に言えば、それなりに価値の高い女性でないと、高いお金を払ってもらえない。と考えても良いでしょう。

実際に、男性客は目当ての女性以外と2ショットをしないという人も少なくありません。また、女性側もタイミングがわからなくて2ショットに誘えない、または、2ショットに誘うけどいつも断られてしまう。という事もあります。

2ショットに誘えない理由(行けない理由)

・お金がないからと言われる
・パーティのまま(安いサービス)がいいと言われる
・誘うタイミングが分からない
・2ショに行くとすぐアダルトを要求されそうだから

このように女の子から2ショットに誘ったとしても、お客様から断られてしまうとパーティチャット(時給1,800円)のままで流されてしまいます。

ではどうやったらスムーズに2ショットになれるのか、また2ショットになりたいと思わせることが出来るチャットレディになれるのか考えてみましょう。

 

2ショットに上手く誘うテクニック

<20分でとりあえず誘う>

誘うタイミングが分からない場合は、時間を決めて、それを見安に誘ってみるのが簡単かつ、成功率が高い手法です。例えば20分と決めて、その時間を過ぎたタイミングで誘います。いきなりに思えるかもしれませんが、パーティチャットの状態が長く続いてしまうと、いざ誘った時に『今さら2ショットいくの?!』と思われ誘いづらくなるケースもあります。

パーティチャットのままの方で居たいと言われた場合も、パーティでいるより2ショットに行ったほうがいいと思わせる。

もっと仲良くなりたいという言葉+雰囲気も出す

と効果的です。

<断られてもめげずに誘う>
一回断られると心が折れてしまいがちですが、そこはめげずに誘ってみましょう。お金の事など言われた場合もめげずに『少しだけでもいいのでなりませんか?』と誘いましょう。

誘い方にもよりますが、女の子から誘われるのは男性にとっては嬉しいものです。もし今回は2人きりになれなくても、”次回二人きりになろうね”と約束をつけるのも良いです。二人きりになる楽しみを与えられるとお客さんも次回会うのが楽しみになります。

お客様から見て2ショットになりたいチャットレディとは

人気のあるチャットレディはお客さんの方から2人きりになりたい、独占したいと思ってもらえます。私は人気がないから・・と諦めるのはまだ早いです!
お客さんから見て2人きりになりたいと思わせられるように自分なりに工夫してみましょう。例えば相手の気持ちになって誘う言葉を選んだり、一回誘って断られたとしても動じない気持ちで勇気を持って相手と向き合いましょう。
また『覗きさんがいて恥ずかしいから・・』『もっと仲良くなりたいから』など2ショに行きたい理由を明確に伝えるとお客さんも納得して、女の子と2ショに行ってくれます。
2ショットで1日中、独り占めしてもらえるようなチャットレディになりましょう!